指輪Story
HOME>>選び方
選び方

選び方

指輪にはお洒落でつけるファッションリングのほかに、エンゲージリングと呼ばれる婚約指輪、結婚指輪などがあります。自分で選ぶとき、プレゼントとして選ぶとき、なにを基準にして選んだらいいか迷っていませんか? それぞれの上手な選び方を紹介していきましょう。

肝心なのはサイズ

どんな指輪を選ぶにしても、サイズがちゃんと合ったものでなければいけません。【基礎知識】の中でも少し触れていますが、指輪の幅が太いデザインのものは、通常の自分のサイズでつけると少し小さめになってしまいます。デザイン次第で指輪のサイズが変わるのです。彼女に指輪をプレゼンとする場合、聞いていたサイズで太いデザインのものを贈ったら、小さくてつけることができなかった、なんてことが起ります。決して彼女が見栄を張って、小さなサイズを彼に伝えたわけではないでしょう。デザインが太いものだったために入らなかったのです。一概に『指輪のサイズは○号なの』とは言えないということですね。デザイン次第ということです。自分で指輪を選ぶ場合も、指のむくんでいない時間帯を選び、きちんとつけてみてから決めましょう。

指と指輪のバランス

どんな指にどんな指輪が似合うのか、これは後ほど別な項で詳しく紹介しますが、指と指輪のバランスというのはとても大切です。手の形、指の形に似合わないデザインの指輪をすると、手から浮いて見えてしまいます。せっかく指輪をするのですから、手の形や指の形をきれいにみせてくれるデザインのものを選びましょう。

どのような指輪にするか

婚約指輪、結婚指輪、ファッションリング、様々な指輪の種類がありますが、その指輪の目的をきちんと頭に入れて選ぶことが肝心です。婚約指輪などでも、最近では普段でもつけられるデザインのものが好まれますし、デザインはもちろんのことですが、アフターケアの簡単なもの、宝石がついていて洋服などに引っかかることのないようなデザインがいいでしょう。また、元々持っていた指輪がとても気に入っていてはずしたくない場合、重ねてつけられるようなデザインを選ぶのも一つの手です。

どんな指輪が強度を持つ?

指輪の強度は製造法によって仕上がりや強度に違いがでます。一番強度がある製造法は鍛造法とよばれる製造法で、高密度で強度のある指輪ができます。日本での指輪の製造法のほとんどが、ハンドメイドのものか大量生産できるロストワックスと呼ばれる鋳造法ですが、仕上がりにムラがあり、強度も鍛造法にくらべて弱いものになります。指輪を購入する場合、どんな方法で作られたものなのか、店員に聞いてみるのもいいかもしれませんね。