指輪Story
HOME>>選び方>>婚約指輪
婚約指輪

婚約指輪

結婚が決まったら婚約してますよということで身につける婚約指輪。エンゲージリングとも呼ばれていますが、あなた一人で選びますか? それとも未来の花嫁と一緒に選びますか? ドラマでよくあるシーンですが、婚約指輪の入ったジュエリーケースをあけながらプロポーズ。こんなシーンに憧れる女性も多いでしょう。

婚約選び方

最近多くなってきたのは、カップルで一緒に指輪を選ぶということです。以前のように、男性だけで選ぶことは、なくなってはいませんが少なくなってきているようです。やはり女性の意見が尊重されているようですね。誕生石を選ぶのか、婚約指輪の王道、ダイヤモンドを選ぶのか、それぞれの好みにもよるところでしょう。1件の宝石店で決めず、何件かまわって気に入ったものを購入しましょう。店員に予算を言わないようにして選びます。なぜなら、予算を言ってしまうと、その予算の上限ギリギリまでの指輪を何点か見せられるでしょう。その中から選ばなければならない雰囲気ができてしまいます。例え予算が35万円だとしても、20万円台で気に入る指輪があるかもしれないのです。でも店員は30万円台の指輪を出してくるでしょう。そんなことがありますので、なるべくなら予算は告げないで選びたいものです。

婚約指輪って給料の3ヶ月分?

かつて宝石のCMで『エンゲージリングは給料の3ヶ月分です』というものがあって、世の中の婚約指輪の相場が給料の3ヶ月分だという習慣があった頃がありました。今でもそうなのでしょうか。最近の婚約指輪の購入額の平均は、38万円前後のようです。一番多いのが30〜40万円前後、次いで20〜30万前後、50〜60万前後となります。芸能人の婚約発表を見ると、とんでもない金額の大きなダイヤモンドの指輪をカメラにむけてほほえんでいるシーンが見られますが、一般人にはとても手の届かないものですね。うらやましいと思うのか、無駄だと思うのか微妙なところです。

どんなデザインを選ぶか

婚約指輪はどんなデザインのものがいいのでしょうか。自分の経験から言うと、昔からあるデザインの、立て爪タイプはつける場所を選ぶのであまりおすすめできません。現在は立て爪といっても、普段つけていても全くおかしくない、お洒落なデザインのものが沢山ありますね。最近人気のデザインは、爪つきのソリティアや、爪なしのソリティアになります。とても素敵でお洒落なデザインになっていて、婚約指輪を普段から身につけられるものとしてのデザインが好まれています。誕生石のものを選ぶよりも、やはり王道のダイヤモンドのプラチナ台のものが好まれていますね。誕生石も宝石に色々な意味があり、自分の誕生石を身につけていると幸せになれるという言い伝えもありますので、お守りとして選ぶのもいいかもしれませんね♪

購入の時期

彼から彼女へプロポーズするときに、婚約指輪を用意して、思い出に残るセリフでプロポーズをする男性もいるでしょう。婚約指輪はプロポーズまでに用意すればいいのでしょうか。それともいつまでという期限があるのでしょうか。答えは、結納までに用意すればいいのです。結納時に他の贈り物や結納金と一緒に、婚約指輪を相手に贈るので、それまでに用意しましょう。

婚約指輪の刻印

プロポーズの際に婚約指輪を贈るのは別として、結納時に贈る場合、挙式、結婚式の日取りも決まっているでしょう。その場合、婚約指輪の内側に、結婚記念日となる日付とイニシアルで○to○と贈る人と贈られる人の名前が刻印されます。刻印には日数がかかりますので、結納の日よりも1ヶ月以上前には刻印をお願いしましょう。

ダイヤの立て爪リング

自分の結婚が決まり、あれよあれよという間に結納の日取りも決まりました。結納を行ったレストランの和室の広間には、結納の品々が飾られていました。本格的にはやらないで、簡単に済ませると聞いていたので驚きました。結納の品々の中に、婚約指輪とペアの結婚指輪もありました。婚約指輪はダイヤモンドのプラチナ立て爪リングです。結婚指輪はプラチナと18Kのコンビです。もちろんサイズが合いませんので、結納が終ったと同時に購入した宝石店にサイズ直しに走らされました。サイズ直しにも日数がかかりますので、挙式までには間に合うように直しに出さなければいけません。結納のお返しとして、18Kのネクタイピンと高級時計を用意しました。とても慌ただしい結納でしたが、形としてやっておいて良かったと思っています。ただ一つ言えるのが、ダイヤモンドの立て爪リングはつける場所を選びすぎて、結婚式などにしかつけていけなかったということです。安いものではありませんので、できれば自分で選びたかったな〜という思いも若干ありましたが、これも記念になるものですので、貰えてよかったな〜って思います。