指輪Story
HOME>>基礎知識>>手入れ
手入れ

手入れ

使うたびにはずして大事にしまっている指輪でしたら、気にかけてお手入れをしている人も多いです。でも、はずすことのない結婚指輪などは、お手入れしたことがないという人がとても多いですね。きちんとケアをして、少しでも長く、きれいなままで使っていきましょう。どの素材にも言えることですが、宝石がついている場合、素人判断で手入れすると、宝石が変質してしまうことがあります。宝石店に持参してクリーニングしてもらいましょう。自分で手入れする場合は週に1度、もしくは使用するたびに行いましょう。

プラチナの手入れ

普段のお手入れは、乾いた布で汗や汚れを拭き取る程度で十分です。汚れが気になる場合は、中性洗剤やジュエリークリーナーを使って汚れを取りましょう。十分に流水ですすぎ、やわらかい布で水分を拭き取ります。素材が軟らかいので、宝石箱にしまうときは、他のアクセサリーとぶつかり合わないようにして入れましょう。傷がついてしまいます。しっかりきれいにした場合は、宝石店でクリーニングをお願いしましょう。

金の手入れ

中性洗剤をとかしたぬるま湯につけて、汚れを浮かせます。その後、ハブラシなどで軽くこすりましょうという人もいますが、金もプラチナも非常に軟らかい素材です。素人がハブラシでこすると、傷をつけてしまいかねません。軟らかい布でこするといいでしょう。細かいデザインが施されたものは、宝石店で超音波洗浄洗いをしてもらうようにします。隅々まできれいになりますが、超音波によって指輪が動き、ケースにぶつかって傷がつく恐れもありますので、指輪を入れっぱなしにするのではなく、ピンセットなどで押えながら洗浄してくれる宝石店にお願いしましょう。

シルバーの手入れ

シルバー製品は、最初は鏡のように光を反射しているものでも、時間がたつと黒くなってしまいます。自身も先日、数年ぶりにアクセサリーBOXの奥底から、シルバーの指輪を取り出したところ、銀色のところなんて一つもないというくらい、真っ黒になっていました。これを取り去って磨くと、元の輝きを取り戻しますが、シルバーアクセサリー専用のクリーナーを使ってもいいですし、銀製品用の磨きクロスもかなり手頃な価格で市販されていますので、それを利用してみてもいいでしょう。歯磨き粉でみがくという人もいますね。凹凸のあるデザインで、内側が真っ黒になって、磨きクロスも届かない場合、これはやはり専用のクリーナーを使わなければいけません。クリーナー溶剤で黒くなってしまった部分を溶かし、そのあとシルバーポリッシュで磨かなければいけません。このお手入れ方法でしたら、何もしないで磨くよりも、再び黒くなるのが遅くなります。

チタンの手入れ

チタンは汗に強く、変色もしません。固い素材なので傷もつきづらく、お手入れといっても特別すべきことはありません。とっても楽な指輪ですね。気づいたときに乾いた布で拭くくらいでいいでしょう。こうしたことからも、チタンの指輪は、面倒くさがりの男性に向いているといえるかもしれませんね。

その他の手入れ

これらの他にも、様々な素材の指輪があることを紹介しましたが、乾いた軟らかい布で拭き取るのが基本です。木製の指輪でしたら、いくら表面加工をして水分を吸わないようになっていても、何度も使用するうちに表面コートも剥がれ落ちてしまうかもしれません。そんな指輪につけ置き洗いや洗剤をつけて洗う行為は、指輪を劣化させてしまうことになります。象牙や水牛の角でできた指輪、サンゴの指輪なども変質のおそれがあるので洗剤やクリーナーの使用は避けましょう。プラスチックの指輪も白っぽく濁ってしまうことがありますので、やはり乾いた布で拭くのが一番です。ガラスの指輪は反対に磨いた方がいいですね。その素材によって、扱いが違うということを覚えておきましょう。