指輪Story
HOME>>リフォーム>>指輪が抜けない!?
指輪が抜けない!?

指輪が抜けない!?

指輪が抜けなくなって困った体験、ありませんか? 一般に知られている方法としては石鹸や洗剤などをつけて、滑りをよくして抜く方法がありますが、それでも抜けない場合はかなりあせりますよね? どうにか自分で抜き取る方法はないものでしょうか。いくつか方法を紹介しますので、チャレンジしてみてくださいね。

自分で抜く方法

普段つけている指輪が、突然きつくなって指が窮屈になる場合があります。これは指がむくんでいるだけでしょうから、むくみがとれると窮屈なのも解消されますので、慌てて抜き取ろうとして、指を傷つけるようなことのないようにしましょう。そうではなく、明らかに指輪のサイズが合わなくて抜けなくなった場合、石鹸や洗剤を使ってみても抜けない場合、いくつか方法がありますので試してみてください。

後ろに手を回して抜く方法

指がむくんでいる状態だと、頭の高さくらいにしばらく手をあげていると、むくみがとれて抜けることがあります。それでも抜けない場合、後ろに手を回して抜いてみると、不思議と抜ける場合があります。コツは、指輪が抜けなくなった指に力を入れないことです。リラックスしながら抜いてみましょう。

糸やビニールテープで抜く方法

タコ糸やビニールひもを使って指輪を抜く方法です。これで抜けなければ指輪を切断するしかありません。自分一人でやるのではなく、誰かにやってもらうのがいいです。まずタコ糸やビニールひもを抜けなくなった指輪の上から手首に向かって差し込みます。それから指輪のすぐ上から指先に向かって、きつくタコ糸やビニールひもを螺旋状にまいていきます。このとき隙間のないように関節まで巻きましょう。手首に向かって差し込んだタコ糸やビニールひものはじを持ちます。糸が巻かれた指は左手で持ち、右手で糸を上に向かって引いていきます。すると、少しずつですが指輪が関節の方に向かって移動します。糸やひもを巻きつけることにより、指を一時的に細くするのです。締め付けるので指の色が紫色に変色してしまうかもしれませんので、手早く行うのが肝心です。少しずつ移動させていき、関節を越えてしまえば指輪は抜けるはずです。これが最後の手段ですので、ここで抜けなければリングカッターで指輪を切断することになります。

消防で切断してもらう方法

大切な指輪、できれば切断したくはないですよね。様々な手を尽くしてもどうしても指輪がはずれない場合、消防署で指輪を切断してもらいましょう。リングカッターを使って指輪を切断するのです。宝石店や病院でも切断してくれるところはありますが、消防では無料なのに対し、宝石店や病院では有料になってしまいます。近くに消防署がある場合、そこで切断してもらうのがいいでしょう。

出向く前に連絡を

リングカッターを置いているからといって、いつでも行っていいわけではありません。消防車や救急車が出動していないときに行くようにしましょう。そこでリングカッターを使用する前に、指定の用紙に名前や住所を記入し、指輪を切断してもらいます。もったいない気持ちは分かりますが、中には指の色が変わるまでこない人もいて、大変危険ですので、どうしても抜けない場合は早めに指輪を切断するようにしましょう。

切断後のリフォーム

切断した指輪はリフォーム・修理に出して直すことができます。宝石店で切断した場合、切断料がいくらかかかりますが、その代わり、切断した指輪を修理する代金が割り引きになる場合が多いのです。消防で、無料で切断してもらい、その後宝石店にリフォーム・修理に出すのか、宝石店で、有料で切断してもらい、いくらか安く直すのがいいのか考えましょう。宝石店で切断する場合には後の修理を考えて、デザイン的に極力支障がない部分で切断してくれるはずです。リフォームの代金は、抜けなくて切断した指輪ですので、恐らくサイズを大きくしながらの直しになると思います。使われている地金やサイズで代金が違ってきますので確認が必要です。