指輪Story
HOME>>リフォーム>>オーダーメイドリング
オーダーメイドリング

オーダーメイドリング

オーダーメイドリングといえば、ファッションリングよりも婚約指輪、結婚指輪で自分だけのデザインの指輪を作る人が多いですね。オーダーメイドの指輪は、世界で一つしかないという満足感があります。オーダーメイドの指輪は自分だけのために作られた指輪です。プレゼントする場合は、貰った人も感激するでしょう。失敗のないオーダーメイドリングを作ってみましょう。

オーダーの方法

自分の手持ちの宝石を使って指輪を作る方法と、最初から完全オーダーで作る方法とがあります。自分でデザインを持ち込んでもいいですし、デザイナーに指輪のイメージを伝えて作る方法もあります。デザイナーにお願いする場合は、すぐに制作には取りかからず、デザイン画が出来上がってからになります。デザインの訂正がある箇所などを綿密に打ち合わせをして、納得のいくデザイン画ができあがるまで、とことん話し合いましょう。オーダーメイドリングを作るということは、価格も安いものではありませんので、自分のイメージに合ったデザイン画ができあがるまで、何度でも話し合いましょう。これが婚約指輪や結婚指輪だと、一生の記念になるものですので、デザイナーに遠慮せずにどんどん自分の意見をいいましょう。その方が、デザイナーもやりやすいのです。注文の方法は、オーダーを承っている店舗はもちろんのこと、インターネットでも受け付けているところが数多くあります。自分が納得できるところで作るようにしましょう。オーダーリングは、注文をした自分だけのために作られるもののため、当たり前ですが返品はできません。

オーダーの流れ

  1. まずはオーダーの依頼をします。インターネットの場合はメールか電話でのやり取りになりますが、このときに予算があればそれを告げ、希望するデザインがあれば伝えておきます。素材や使う宝石の希望も伝えましょう。
  2. 次ぎにデザイン画を起こします。デザイン画がきまると見積もりも出ます。半月もあればデザイン画も完成するでしょう。
  3. デザイン画に依頼主が納得いくようでしたら制作に取りかかります。制作期間はデザインや工房にもよりますが、1ヶ月〜2ヶ月かかると考えておけばいいでしょう。

短い指・太い指に合うデザイン

オーダーメイドで指輪を作るのでしたら、自分の指の形や太さに合ったデザインのものを作ってみませんか? 細長い指の人はどんなデザインの指輪でも似合いますが、短くて太い指の人は、どちらかというと可愛らしいイメージになってしまいます。大人っぽいイメージを演出したいのであれば、縦にデザインされた指輪にすると指が長く見えます。例えば、V字になっている指輪や、普通の丸い形の指輪でも、宝石が縦に並んでいるもの、デザインのポイントが縦に並んでいるものをつけると細長い指に見え、大人っぽさを出してくれます。要は、形やデザインで見た目のバランスをとり、指をスラリと長く見せようというわけです。オーダーメイドで指輪を作る場合、指を長く見せるデザインにしたいという意向を伝え、どれを形で表現するのか、デザインで表現するのかを決めましょう。

オーダーメイドで失敗しないコツ

オーダーメイドは返品や交換がききません。それは自分のためにだけ作られる、この世に一つしかないものだからです。そのため、仕上がりがイメージと違っているとショックですね。最後の最後で妥協しなければいけないなんて、納得がいかないでしょう。何度でも店に足を運び、それができなければメールやFAXで頻繁に連絡をとるようにしましょう。それを条件にしているところもあるくらいです。店側からしても、決して安くはないオーダーメイドリングを納得のいく形でお渡ししたいというのは当然ですよね。最高の指輪の完成を目指して、何度でも話し合いましょう!